MENU

借入したお金が返せなくなった場合

お金を貸してと誰かに頼むのはとってもストレスになりますね。お金に困っていることを他の人に知られるのは気まずいですし、友達から借り入れをしたらその後の人間関係も微妙に変わってしまうことがあります。

 

それで、もっと簡単にお金を借り入れる方法として消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用して借り入れる方も増えています。手続きは来店不要でできるので、誰にも知られずに借入ができます。ただ、この手軽さが裏目に出て、ついつい借りすぎていつの間にか返済不能になるほど借り入れてしまったという人もいます。もう、到底返済ができないという状況になったらどうしたらいいでしょうか?返済が気を減らす方法はあるのでしょうか?

 

まず、返済が滞りそうになった時点で早めに借入先に連絡してください。

 

返済額は減らないかもしれませんが返済スケジュールを調整してもらうことができるかもしれません。

 

もし、すでに督促状が来ていて数か月放置している人なら、個人再生という手続きを裁判所を通して行うことができます。

 

個人再生は、裁判所が認めてくれれば、原則として債務が5分の1に減らされます。減らされた借入金を3〜5年で返済していくことになります。

 

個人再生では住宅を手放す必要がないというメリットもあります。ただし、返済額が減額されても引き続き返済はしていかなければならないので、これからも安定した収入が見込める状況である必要があります。

 

もし、失業や病気で収入が全くなくなって借入金の返済が全くできないという状況になったら自己破産という手続きをすることができます。これも裁判所を通して行いますが、裁判所に認められれば借金が0になります。

 

その代り住宅や高価な所有物は手放さなくてはなりません。20万円以下の預貯金は手元に置いておくことができます。自己破産は借金が全くなくなるので精神的にも経済的にも楽になり生活を立て直しやすくなるというメリットがあります。

 

個人再生にしても自己破産にしてもこの手続きをすると信用情報機関に情報が登録されるので少なくとも5年間は消費者金融や銀行などからの借り入れができなくなります。それでも、その間に借入をしないで生活する術を身に着けられればこんなにいいことはありませんね。

 

カードローンという便利な商品が登場したおかげで昔よりも簡単に借り入れができるようになりましたが、借金はしないで済むならそれに越したことはありません。もし、借入が必要な場合でも返済能力の範囲内で計画的に借り入れをするようにしてくださいね。