MENU

学生がカードローンを利用するにあたって

学生の身で借金するというのはあまりいいこととは思いませんが、学費や交際費が足りなくてカードローンでお金を借りるというのも一般的になっています。学生でもアルバイトなどをしていて収入があれば大手消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用して借り入れができます。(アルバイトで収入があっても学生は借入できないカードローンもあります)

 

学生が借り入れをしたい場合もう一つの選択肢は学生ローンを利用することです。学生ローンは学生に特化したカードローンで、18歳以上の大学生、専門学校生、大学院生などが借り入れをすることができます。ただし、未成年の場合は親の同意書が必要になります。金利は大手消費者金融とあまり変わりません。

 

使途は学費以外に、交際費や旅行の費用、ショッピング、友達へのプレゼント、家賃などたくさんあります。もし、使途が学費なら借入の際金利が優遇されることもあります。学生ローンで借入れをするためには学生証が必須でそのほかに運転免許証や健康保険証などがあればさらに金利を優遇してもらえる場合もあります。それから、友達を紹介すると現金がもらえたり金利が低くなるサービスをしている学生ローンもあります。

 

学生ローンのメリットは、金利の優遇があるほかに、借入金は卒業までに完済しなくてもいいという点です。社会人になって収入が安定してから少しずつ済していくことができます。また、卒業してからでも引き続き低い金利で借入ができるというメリットもあります。それから、借入の申し込み条件のひとつはアルバイトなどで収入があることですが、アルバイトをしていなくても親からの仕送りがある場合なども申し込んで借り入れができます。

 

学生ローンのデメリットは全国対応の学生ローンが少ないということです。たいていは関東圏とか近畿圏とか範囲が決まっています。また、学生ローン専用のATMはないので借り入れや返済はコンビニや提携金融機関のATMでする必要がありますので、手数料がかかります。もし、学生ローンの店舗が近ければ直接店舗に足を運んで借り入れや返済をすることができます。店舗が遠いとちょっと大変ですね。

 

それから学生ローンの中には学生を狙った闇金もあるので注意してください。大学の周りにはヤミ金がたくさんあります。ヤミ金は小口融資をしたいと思っていますが、学生はその意味ではいいターゲットになります。電柱に学生さん大歓迎!即日融資!などと書かれていて連絡先に携帯番号しか書いていない場合は明らかにヤミ金ですから絶対に借入ないようにしてくださいね。ヤミ金にかかわるとバイト先や親元にまで電話が来ることがあります。自分だけでなく周りを巻き込んでしまうのでヤミ金からの借り入れは絶対にやめましょう。